たろうのひとみ。

弁護士になれました。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2011年も過ぎ去っていくのである 

2011/12/31
Sat. 19:34

今年もあと5時間ほどで終了です。

修習生としての1年、釧路市民&和光市民としての1年でしたが、非常に充実した年だったと思います。
無事二回試験にもパスし、バッチを頂けて、今はほっとした気持ちでいっぱいです。

来年は社会人1年生、そして、弁護士1年生。
謙虚な気持ちを忘れず、自分のできるだけのことを、精一杯やっていきたいと思います。
来年からが本当のスタートです。

あと、この1年で10キロ近く肥えてしまったので、できれば来年、ちょっとでも痩せたいな。。。


今年1年、お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

遅くなってしまったけど、ご報告なのである。 

2011/12/29
Thu. 14:54

実家に帰省中のわたくしです。

ご報告が遅くなってしまいましたが、二回試験、合格いたしました。

5日間の試験は、肉体的・精神的に本当にハードで、もう一度受験される方には申し訳ないですが、二度と受けたくもないし、二度と研修所にも入りたくありません…。

大学入試、ロー入試、司法試験、そして二回試験と、弁護士への道は本当に険しく、いろいろなことがあったけれど、ここまで頑張ってきた自分には拍手を送りたいと思っています。


1月からは、札幌の某事務所で働かせていただきます。
これまでと同様、いやそれ以上に、前途は多難であるとは思いますが、様々な壁を乗り越えてきた自分を思い出し、目の前の課題に一つ一つ、全力であたっていきたいと思います。
いつまでも、謙虚な気持ちを忘れずに。


このblogをどうするかはまだ考えている最中ですが、しばらくはこのまま置いておくつもりです。
更新する機会はこれまで以上に減ってしまうかもしれませんが、仕事に支障がない限りで、ぼそぼそ書いていければなと思っています。

これまで支えてくださった読者のみなさま、本当にありがとうございました。

[edit]

CM: 2
TB: 1

page top

人生最後の試験なのである 

2011/11/17
Thu. 19:44

いよいよ、明日から一週間、二回試験です。
これまでの試験とは若干性格が異なりますが、やっぱり緊張してきました。。
こういう試験だからこその緊張なのかもしれませんが。

長い道のりでしたが、この試験、人生最後の義務的試験になります。
だからこそ、絶対に悔いのないように終えてきたい。
綴り忘れなんかしないように、訴訟物を間違えたりしないように、原告と被告を取り違えないように...

あせらず、あわてず、落ち着いて、頑張ってきます。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

和光に収監中なのである 

2011/10/18
Tue. 01:05

ご無沙汰してます。
とりあえず、和光で頑張っております。

今週は非起案ウィークなので精神的に楽ですが、起案ウィークはほんとうに堪えました。
実務修習との落差たるやもう。。。

おまけに、研修所周辺は本当に何もなくて、土日は食堂もやっておらず本当に悲惨。
自炊したい今日この頃です。


気づけば二回試験まであと1ヶ月。
頑張るのみ。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

実務修習を終えて、いざ和光へ…なのである 

2011/09/26
Mon. 01:58

久々の更新になってしまいましたが、相変わらず元気でやっております。

修習のほうは、先週の木曜日に釧路での実務修習が終了し、火曜日からはいよいよ和光での集合修習です。
すでに釧路を後にし、今は東京のホテルに滞在しております。
(もっとも、札幌のアパートが決まっていない関係もあり、釧路のアパートはまだ引き払っておらず、12月にはまた釧路に戻る予定ですが)。

本当に、あっという間の10か月でした。
よく勉強したというよりも、ドライブ・温泉・飲み会…と、どちらかというと、よく「遊んだ」、いや、遊んでしまった10か月だったかと思います。
もちろん,日ごろの修習を通して多くのものを吸収できたし、実務にはじめて触れたこの10か月は、新鮮で刺激的で、本当に楽しかったです。
でも、この10か月で、半人前にもなれなかったかなと。
それじゃダメなのでしょうけどね。



これまでののんびりモードから、和光では一気に勉強モードに切り替わらなければなりません。
でも、最後の関門を越えることができれば、いよいよ待っているのは、これまでずっと、夢に描いてきた世界。
そんな綺麗な世界ではないし、修習を通してそのことはよくわかったのですが、目標としてきた世界であることは間違いありません。
何とか最後の関門、二回試験を無事突破できるよう頑張ってきます。



それから、前回の記事にコメントをくださった方、ありがとうございました。
メールアドレスがわからなかったので、個別に返信はできませんが、コメントをいただき、非常にうれしかったです。

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。